Minimalism(ミニマリズム)

MINIMALISM=最小限主義

最近ハマりつつあるミニマリズム。世間では「断捨離」、「コンマリ」と共に整理整頓業界では最近結構注目をされている言葉。

必要以上に持たない生活。「物が少ないと快適に働ける」で読んだデスク環境。ネットでミニマリズムを調べた時に出てきた、持たない生活をしている人達の部屋。本当に何もなかったけど、なんか凄く良かった。

「ついにテレビを捨てました」

こんなタイトルのBLOGも見つけた。とにかく「すごい」の一言に尽きる。我が家の場合は子供もいるからそこまでは出来ないけど。仮に独身だったら…

できないね。

本当に必要なものを考える

やっぱり物は減らして行きたい。デスクもそうだが本当に大切なものに集中できる気がする。なんとなく本当に必要なモノを考えてみる。食べ物/飲み物とかはあたり前なので考えないけど、それ以外の部分。

まだ日本では公開されていないけど、フィンランド映画で「TAVARATAIVAS」という映画がある。予告編を見る限りでは、主人公が失恋をキッカケに生活をリセットするべく、自分の着ている服を含め全てを貸倉庫に一旦預け、毎日1つずつ本当に必要なものを家に持ち帰るというルールを決め、その中で本当に大切なモノを見つけると言うものらしい。

流石にそこまではできないが、ここまでやったらリアルに本当に必要なものが見えてくるんだろうなと思った。

最初に浮かぶのはスマホ

我ながら現代人だなと思った。でも家族、友人と過ごしていく中で、連絡手段が無くなるということは、それはそれで大切なもの達との接点を無くすことになってしまう。しかも今であればスマホがあれば大概の事ができる。こう考えると完全にパソコンはその地位をスマホに奪われたんだなぁと思う。そしていつでもどこでもインターネットと繋ぐことができる利便性。これは手放せない。

次に来るのは衣類

そして僕は外に出たい。今の時代大概の事は通信販売で事が足りる。なので外に出る必要はないが、僕は外に出たい。リアルな世界で色んなことを体験したい。なので僕は服を着る。

先程紹介した映画では主人公が全裸(正確には新聞紙一枚)でトランクルームまで走るすがたが描かれている。僕にはそれはできない。

でも洋服の枚数については再考しなければいけないんだろうな。とにかく今となっては全く来ない服、靴とかが色々あると思う。そこは整理していこう。

仕事ツール

そして次は仕事ツールかな。家族の生活を支える仕事道具は当然持っておきたい。スーツ、ワイシャツ、シューズなどここは一通り持っておきたい。

そして次は…。

あ…。本当に突き詰めて考えてみると、最低限の生活を送るために必要なものはここまでなのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Related Post

持ち物を把握する持ち物を把握する

既に持っているものをまた買う 最近立て続けに同じミスをした。お恥ずかしながら既に持っている本をもう1冊買ってしまった。 雑誌『SPECTATER』x2冊 文庫本『野村ノート』x2冊 どちらの本も自分で購入した。でも読む時 […]