BlackBerry Priv だって名機

BlackBerry KEYOne 本日発売されるけど…

2017年5月31日。アメリカとの時差はあるものの日付だけでいえば、本日まさにBlackBerry KEYOneが発売されようとする中であえての投稿したい。
KEYOneを購入することは既に決めているが、購入前に現在のメイン機であるPrivの良いところをひたすら記載しまくって1つ1つ比較していきたいと思います。

何故「BlackBerry Priv を名機」と呼ぶか?

それは僕の中でiPhone以上の端末だと思っているからです。実際一時期iPhoneに戻ろうと思いiPhone6をメイン機として使い始めたことがある。でも最終的にはBlackBerry Privに戻って来てしまった。それはどんな理由かと言うことを列挙していきたいと思う。

①なんだかんだんで物理キーボード

これがBlackBerryを使い続ける最大の理由。仕事のメール、アイデアのメモ、ToDoの記載、Blogの投稿といった文字入力においてストレスフリーなわけです。
Classic⇒Privに乗り換えた時は「少しストロークが浅いかな」なんて思ったときもありますが、慣れてしまえば何も問題なく毎日何かしらプチプチ押しております。
LINEやFacebookなどの短文入力だって物理キーボード。アンチフリック入力です。

②豊富なAndroidアプリ

BlackBerry OSを捨てた時は「少し寂しいな」と思いましたが、実際にAndroid OSを搭載したPrivを使い、豊富なAndroid アプリをBlackBerry Privで使っていたら便利なことこの上なし。
もともとのテキスト入力のし安さもあり、LINEをはじめとしたMessaging/Social系だけでなく、GoogleMapや乗換案内など所謂「便利アプリ」、ショッピングのPointCardアプリ化、Gameなど様々なアプリの恩恵を受けられるようになった。

③5.4inchをフルサイズで利用可能

物理キーボードがスライド式の為、不要な時はしまい、画面全てに映し出すことが可能。

④フロント側にBlackBerryのロゴが見える

僕にとって地味に重要なポイント「BlackBerry」の文字がフロント側にあってこれが「自分の使っているスマホはBlackBerry」なんだと、自己満足させてくれる。
はぁ…。KEYONE早く欲しいな…。
それなのに…。なぜB&Hはお休みなのか…。
1つきまっている事、KEYOneかってもBlackBerry最後のハードウェアであるPrivは売りに出さない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Related Post